<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夏ですね〜!

ほんと、暑い。今年もあっとゆう間に夏がきた。

あち〜けど、大好き。

ココ最近は、夏とか関係無しに、海いってるけど、3年前までは、この時期になると、海いきた〜い!って、毎年海水浴行ってたんだな〜。

うちでは夏になると、いつも、逗子?葉山?の海水浴場、森戸海岸か、一色海岸に行っていた。

波は無いけど、海が綺麗で、ちょっぴりお洒落な、音楽がつねについてくる海の家がある所。凄く、の〜んびりしてて、御飯もおいしくて、お酒飲みながら、レゲーだのなんだの聞いて、東京のせかせかした感じを忘れさせてくれる。
でも、私は、1日中、へとへとになるまで、海の沖で横に泳いでるんだけどね。

夏になると、むしろ海水浴に行きたくなる。伊豆もいいな。

今年の夏も、海水浴&サーフィンで、夏休みの子供のように、多汗かきながら、一生懸命、いっぱいあそぼ〜!

夏、バンザ〜イ!
[PR]
by mooochan | 2006-06-30 01:47 | 日記

いつもの海

トリップ話書き終えぬまま、1週間が経ってしまい、今日はいつもの海に帰って来た。

ショップの店長サマに、いきなり、『千葉トリップのブログ、ながくね!っ』って、言われた。確かに、長い。けど、無くなっちまってる記憶取り戻しながら、一生懸命書いてるんだっっつうの!

でもね〜!この場って、旬のものが大事だから、簡単に書いて、次に進もうかな!
あと、細かな所は、まゆ日記に任せよう!へへへ

2日目千葉トリップ。ポイント吉崎浜

昔、ようちゃんに教えてもらって1度行った所のあるポイント。

この日も、いまいちサイズ上がらず、腿腰。でも、やっぱ自分達には丁度いいサイズ。

見た目は乗りやすそうに見えたのに、地形が悪いとゆうのか?割れそうで割れず、と思ったらいきなり、掘れる。叩きのめされてしまう。こえ〜!

安定している場所に移って、この日は、朝から夕方まで楽しんだ。

ここも、海の目の前が駐車場になっているため、ビデオ撮影をしてみた。
ビデオに撮ると、自分の悪い所が、一目瞭然!復習が出来るので、今後、どんどん撮りたいと思う。

とまあ、そんな感じで、最後近くの、かんぽの宿の温泉に入って、のんびり、あーだこーだ話をしながら、身体の疲れを癒して、帰る事に。

途中御飯を食べて、そこからの運転は、ひろちゃんにお任せしたため、まゆさん、私の運転よりも、多分30分は早く帰れた。ありがとう!

そんなとこかな。千葉は、大自然で、人も少なく、波も何かしらいつでもあって、温泉もあるから、お薦め。ただ、高速代が少し高めなので、何人かで行くのをお勧めします!また、練習しにいこー。

で、今日は湘南に帰った。帰って来たな〜って感じだったな。波もなかったので、ゆらゆらと、随分黄昏れちゃった!

今日はまたしても、私のお客さんの、リコちゃんが、サーフィンデビュー!サーファーが増えて、心強い!楽しんでね!リコちゃん。

それでは、今日の締めで、10分間、ギターの練習をしよ〜っと!
[PR]
by mooochan | 2006-06-27 23:02 |

だから〜!一宮

え〜。平静を取り戻して。

この日の一宮は、腿腰。
自分達には、丁度いいサイズ。でも、外房は、波の勢いがちと違う。
むしろ、勢いに押されて、テイクオフはしやすいのかも?

最初は、始めてのポイントとゆう事もあり、人のいない所から入り、様子を見る事に。
人がいないってことは、波が割れにくいとゆうことで、なかなか乗れないのだが、セットが入ってくると、おこぼれ波をもらえるので、海になれさすって事も出来るし、人の動きを確認出来るって意味でも、いい。これは、去年の夏に、初めてまっちゃんに、辻堂へ連れて行ってもらった時に、教わった。

よろしくお願いしますの気持ちは、大切。

少し慣れてきたので、少しづつピーク?のポイントに入って行った。すると、いきなり、オレンジウェット、オレンジロングボードの、ローカルらしき超うまい、おじさんがとお〜くから乗ったな〜と思ったら、あれ?こっちに向かってくるよ!やべ〜ど〜しよう!!!!!とあたふたしてるうちに、超ちょう近くに!ダメだ。もう、むしろ動かない方がと止まったら、ぎんりぎりの所をシュッって、ターンして行った。
あら?わざと?

まあまあまあ。それがあったからこそ、注意深くなれたのは確かで、良かったのかな?と思った。なれない場所では、このくらいの事がある方が、引き締まるかも。

その後、しばらく楽しんで、お腹も空いてきた事だしと、上がる事に!

宿には、天然ではないが、トロン温泉があるため、簡単に着替え、帰る事に!ある人はポンチョのまま。ある人は、ノーパン!女だけとゆうのはこんなもの。

今日の宿。国民宿舎一宮荘。1泊2食付き6620円。この辺は、いくらでも、素泊まり3000円とゆうような所がいっぱいあるので、高めに思うかも知れないが、食べる所が少ないので、御飯付きは、なかなかお薦め。

お風呂も、期待はしてなかった御飯も、なかなか満足出来た。
でも、もう一つ、夜の計画があった。せっかく、女3人だし、せっかく、トリップだし、せっかく、サーファーだしって事で、一宮の近くにある、サーファーが集うようなレストラン、サーファーズテーブルに歩いていこう!計画があった。
ここは、太東とゆう、真木蔵人がホームとしているポイントにある、太東食堂の姉妹店。太東食堂は、HPから見ても、噂からしても、ちょっと常連さんばっかで、行きにくそうなイメージあるけど、もう少し入りやすそうな雰囲気だし、歩いて行けそうだから、宿もここにした。
のだが、無いんだ。探しても探しても、無いんだ。電話しても、出ないんだは。
つぶれたか?と思いつつ、探しても無いので、仕切り直しで、車でまゆさんが行った事がある、太東の焼き鳥屋に向かう事に!
のだが、無いんだ。また、無いの。道も暗いんだ。湘南と違って千葉の海沿いの30号線は。そんな中、その、緊張しそうな、太東食堂は、ピカピカに照らされていて、結局、そこに行く事になった。

少し緊張しながら、(私だけ?)扉を開けると、いやいや、全然ざっくばらんな定食やの雰囲気!ほっとして、席に付いてみると、テレビはロングボードの大会のビデオが流れていて、釘付け。お店も、お家に遊びに来た感じの、落ち着く場所で、なんか、トリップに来たんだな〜!サーファーだな〜!海っていいな〜!とわくわくしてきた。

十分な御飯をたらふく食べた上、また、十分なカロリーを取りながら、レディーストークに突入!あーだこーだあーだこーだ。良く食って、良く喋った。もう、満腹!

帰り道、散々無かった、サーファーズテーブルは、宿の近くに見つかり、ただ、休みとゆう結果であった。今度、いこー!

とまあ、1日目は、こんな感じ。

まゆさんは、もう一度お風呂に向かい、私は、もう一度ビールを飲み、ひろちゃんは、もう一度話して、12時半頃には就寝!お疲れ様でした!

が、なぜか、私は、急に3時頃目が覚めて、どうしても寝れない状況に!
ひろちゃんは物音に敏感なの知ってたから、真っ暗の中、ひろちゃんを起こさないようにひろちゃんを見ながら、お財布の用意をしていたら、ひろちゃんの目が開いた。『うわっ!』って、よっぽどひろちゃんの方が、『うわっ!』だよね!びっくりさせて、ごめんね。
目が冴えてしまうと、しばらく寝れない私は、小銭を持ち、ビールを買って、廊下で独りシーンとしてる中飲んだ。2本いっといた。

とゆうことで、2日目、吉崎浜偏は、つづくにします。
[PR]
by mooochan | 2006-06-26 01:56 |

変だよね〜!確かに

kon2さんコメントありがと!

で、ほんとありえないブログになってるんだけど、今また、あり得ない事が起きてしまった。ってな感じって、bbsだったり、コメントだったりでいい話なんだけど、この、どうしょうもない感じは、是非、ここで、伝えたくてえ〜!

只今、朝の続きを書かせていただいておりました。

しかも、相変わらずの長文!で〜〜〜〜〜〜!なんと!文字の変換をしたつもりが〜〜〜〜〜!なぜか、全部消えて無くなった〜〜〜〜〜〜!?????????????

自分にはまだ、この高度なブログとゆうものは、早かったのかも知れない?
前にも、長文を消してしまった経験をしているのに。

だし、進藤氏は先に写真の添付まで出来てしまっているのに、今だ、自分には。。。。

とほほだが、自分の味と見逃してもらいたい気持ち。隠れたい気持ち。

で、さらに。結局、明日は仕事前にお墓参りのため、早起きなので、これから、朝ご飯のしたくをしておかなくてはいけない、時間になってしまった!(笑うしかない)
意外に仕事してて、主婦だったりするんだよな〜!

は〜。何やってンダか!いっぱい書いてたんだよ〜!バカはヤだ。なんで、消えるんだっつうの!って、独り事、言いつつ、書き直した方がイイ位に言い訳した所で、また、トリップ話し、近々書きます!

はあ〜!
[PR]
by mooochan | 2006-06-25 01:05 |

千葉サーフトリップ!

女3人、1泊の、千葉サーフトリップに行ってきた。
メンバーは、もともとはお客さんの、今は、月に4回は会う、海仲間の友達、夜勤明けでも海に向かっちゃう、パワフル保育師のひろちゃん。
と、海の大先輩、グライドのHPにまゆ日記なる、おもろい日記を気が向いた時にUPし、楽しませてくれている、今は、学生の旅行に付き添って、保健の先生的な仕事をしている、看護師のまゆさん。

三十路オーバーメンバーで、元気に千葉に向かった。

初日、国民宿舎一宮荘に宿泊予約をしていたため、そこに荷物を置いてから、目の前のポイント、一宮へ。
宿に、世話好き?お節介?自慢?でもイイ人?のおじさんがいて、ポイント説明や、プロサーファーの名前や、今日の波やらのチンプンカンプンな説明をしてくれた方と会って、適当に聞いて、とにかく海にいっちゃおうって感じで向かったら、波チェックをしている時、また、おじさんが来て、『湘南から来たんだ』と。ナンバーで、ばれたんだが、また、今日の波説明やら、なにやら、いろいろ言いきって、さってった。あ〜、これがよく言う、ローカルさんって感じなんだな−と思った。おじさんはやらないらしいけど。

いろいろ言われても、海とゆうものは、自分で見ないと入らないと解らない事だらけなので、ひとまず入る事に。

あ。時間が無くなりました。今の今見てくれちゃった人にごめんなさい。後で、続き書きます!朝ご飯のしたくしないと!ってブログなのに、ありえない終わり方、失礼します。
[PR]
by mooochan | 2006-06-24 09:58 |

もう、6月半ばか.....

また、久々になってしまった。
5月は引っ越しで、お家を直すために、大工さんになっていて、やっと終わった〜と思ったのもつかの間で、事故に合い、その手続きやら治療やらで、苦手な書類書きやらなにやらで、使わない脳みそを使って、よくわからないペースになっていた。

それでも、休みは海に行きたいが為に、空き時間に色んな事を済ませたり、火曜も朝はなんかやってから、午後に海に行ったりしてた。
ココ最近は、仕事と休みは朝から夜までどっぷり海ってな生活だったので、使ってない脳みそだらけだったから、こんな試練も良かったのかも!

でも、早くせめて海に入ってる時は余計な事考えずに入りた〜いって気持ちだった。

そんな時、お客さんで、今、旦那さんの転勤でアメリカに住んでいる、みどりちゃんが日本に一時期国。アメリカに行く前に、私の行っているサーフショップのスクールで何回か、やって、ハマってくれた。その後、バカンスでハワイに行ってやってたり、ウエット購入してたりと、かなりやる気で、今回の滞在中にもやりたいとの事で、この前の火曜日に一緒に入った。
今回は、私が先生に。まだまだ、自分も勉強しないといけない事だらけなのに、お恥ずかしいが、実は、サーフィンに限らず、カットとかも、教えるのが大好きだし、とにかく、皆と入る時は、皆で上手くなりたいってのが、常にあるから、ちょっと楽しみにしていた。しかも、みどりちゃんだし.....

話は、反れるが、前にも自慢のお客さんがいっぱいいる!と書いた事あったけど、このみどりちゃんもその中の一人。
結婚式のヘアメークをさせてもらったのをきっかけに、夫婦ともども仲良くさせて貰っているが、とにかく、ポジティブ!結婚したと思ったら、いきなり、将来に役立つためになのか、もともと料理に興味があるからなのか、管理栄養士の資格をとるために、学校に行きだした。卒業後、2年間の勤めをしないと試験が受けられない為、旦那さんの転勤は決まっていたが、単身で行ってもらい、その間勉強を重ね、みごと免許を取得!のち、アメリカに向かった。転勤先では奥さんは仕事をしてはいけなく、なかなかの孤独間を味わってしまう為、ストレスを抱えてしまうとゆう話を良く聞くが、やはり、ここでもみどりちゃんパワー炸裂!メールを貰って、笑った。向こうの大学に通い始めた、フィギアスケート始めた、カルフォルニアのサーフショップをレンタカー借りて、一人で探したetc.....
で、家事完璧!って、尊敬!これやだあれやだと言って、環境のせい人のせいにしてみたり、これやりたいあれやりたいと思っても勇気がでず、ストレスを溜めてしまうのが、当たり前の中、この人は狂人!?(ごめん)強人って感じ。人間やれば出来る!ってのを、見せてくれて、聞いてて、欲に真直ぐな所が、本当に気持ちが良い!

で、戻って、そんなみどりちゃんなので、上手くなりたいっ!って一心で来てるので、こんなんでも良ければ、上手くなって欲しいっ!って一心で、教えさせて貰った。案の定、言った事をすぐに試してみたり、自分で考えてやったりと、ばんばんシンプルに楽しみ方を見つけていた。すげ〜!

久々に、海でシンプルに遊びを楽しめた。教えるってのも、本当に勉強になるんだなあと思ったし、私もガンバローって思わせてもらった。

っしゃ〜!また、夏が来る!
ps。余談中の余談。ギターやっとこ始めた。っしゃ〜!
[PR]
by mooochan | 2006-06-16 13:20 | 日記

事故!

そうなんです。
首都高速で、後ろから追突されました。

日曜日なので、道がスムーズに流れていて、都心に入ったとたん、合流前のカーブの見晴しが悪くなる所で、急に渋滞になっていて、私も慌ててブレーキ踏んでいるとこ、竜馬君が、危ないッ!の一声!
私が前の人にぶつかると思ったみたいだけど、その声で、私はミラーを覗いていたら、後ろの車が近づいてきて、わっ!ぶつかる!って、なぜか冷静に、よりブレーキを踏んで、ハザード出して、玉突きにならないようにふんばっていた。

ド〜ン!

あ〜あ。

首都高速の道に立っているのがとても不思議で、なぜか冷静な自分が不思議だった。

しょっぱなからこれだけど、ほ〜んと、車移動が当たり前になってくわけだから、慣れずに、毎回注意深くしていこうって思った。

あ〜あ。
[PR]
by mooochan | 2006-06-05 00:04 | 日記