<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

10月5日 1

後で、ゆっくり書きます。

すみません。命について、色んな事を、考えてました。
そして、明るく楽しく元気良く、幸せいっぱいにまた、出発するには、この方法しかないなと、自分のブログという事で、お許し下さいって気持ちで、書きます。
今更の事ばっかりですが、全部繋がってます。
今更の事ばっかですが、物事の考え方は変わらず、それを伝えて理解してくれた方がいっぱいいたから、残しておこうと思ったし、極端に、自分の考えを伝えて行く中、消せない言葉や、態度で悲しい思いもしたので、もう一度変わらない自分の考え方を言い切って、また、幸せに備えて、もう二度と、愚かな邪念を受け付けない為に、書きます。

10月5日 ゾラの子供のタビーの命日。

タビーが、病気になった時、商売をしている者としては、信じられない手紙をお客さんに出させて頂きました。全部、理解して客観視した上でした。反応も予想した上で書きました。自分達に、必要な事でした。ねこっかわいがりではなく、犬は犬として存在すべきモノと飼ってます。

過去の事ですが...。5年前の手紙。

              坂本からのお知らせです。
お店を移転する事になりましたが、もう一つその前に、お知らせしておきたい事があります。進藤君が長期のお休みにより、本当に皆様には御迷惑をおかせしてしまったわけですが、少し復帰が早まりました。その理由として、いつも皆様に可愛がって頂いている、私達の犬、ゾラ(母)、タビー(子供)がいますが、タビーが5月の始めより、体に異変があり、しばらく原因不明が続いたのですが、6月半ばにガンという事がわかり、症状の一番悪かった、左後ろ足を6月20日に切断いたしました。その事で、進藤君の帰国も予定していたより早くなりました。今、週に3回の病院と、21日サイクルで、抗癌剤の治療を受けている為、しばらくの間、進藤君にタビーの事に徹底的に専念してもらう事をお願いしてしまいました。それが、9月には落ち着きます。
本来、仕事を持ち お客さまを持ち 自分達でお店をやっているのなら、こんなわがままは、本当に通用しない事で、皆様の事を考えると、一早くの復帰を考えるのが普通の事と思います。すみません。ただ、今のお店をやりはじめる時に、ゾラを飼う事が決まっていて、今の一軒家を探しました。ゾラは、私の実家で産まれた犬なのですが、お店をやり始めるにあたり、ゾラを向かい入れる事は自分達にとって、いろんな初めての挑戦として、物凄く意味がありました。そして、1999年2月、一軒家スタイル MOがスタートしました。
少し、ペースがつかめてきたなと思った時、自分達も本当に本当に気付かなかったのですが、3月4日の明け方、ゾラが腹痛を訴え、なんだ、なんだ〜!???という内に、タビーが出て来ました。中型犬にはめずらしく、一人っ子でした。犬だけど、やはり生命の誕生は、衝撃的で神秘的な出来事でした。お店も始まったばかりで、犬をこんなに身近に飼うのも始めてで、犬の出産が起きて、目の前で起きている事に、犬の色々な必死な まっすぐな姿に、自分が小さな事で悩んでいたり、自分の事ばかり考えていたりする事が恥ずかしくなるくらいで、この事を大切に思い、逃げず、受け入れ、さらに、この一軒家でのスタイルが始めの気持ちより、大きな存在になりました。

皆様にも、かなり可愛がっていただいて、来て頂いている事で、犬達も毎日毎日を楽しく過ごせていると思います。ありがとうございます。
そして、昨年。自分達のステップアップという意味で、一年間別々に、ここでは私が残り、髪を切らせて頂くという形で、進藤君はオーストラリアに行かせて頂いたわけですが、御予約で、かなりの気を使って頂き、本当に待ってでも来て頂いて、ありがとうございました。感謝以外のなにものでもないです。本当に.....。
そしてまた、衝撃的な出来事が起こってしまったのですが、
6月17日 タビーの診断結果  リンパ管肉腫   左後ろ足切断決定
世界で4例目のめずらしいガンと診断されました。進行が恐ろしく早かったです。
悪化するのを見つつも、悪く考えられず、すぐに進藤君には帰って来て欲しいとは言えず、そのかわり、エアーズロック 大地のパワーを見て、お祈りをお願いしたのですが、さすがに ガン 切断 と目の前で言われてしまった時は、自分だけで決断するのが、自分の事では無い事を決断するのが恐ろしくなり、帰国をお願いしてしまいました。これも皆様の事を考えると、本当に勝手な事と思います。
色々と犬の事で、ここまで勝手な事をながながと書き、美容室としては、本当に関係のない事で、御迷惑をおかけしてしまっているのですが、思想的ですが、何かどうしても犬達のメッセージ的なものを感じています。それを、バネにし、次の一歩を踏み出したく思いました。そして、なにより、犬の生命力に助けられています。
足が無く、ガンですが、タビーは写真のとおり元気です。見た目が見た目なので、始めに皆様にあえて見ておいてほしくて、同封しました。少しでも、タビーが人に勇気を与えられたらと思っています。
商売をやる上では、かなり例外的にやらせて頂いていると、つくづく自分達でも思います。親にもかなり怒られます。ただ、自分達の生き方として、仕事 犬 プライベート わけず、目の前の事に悔いを残さず、一生懸命にたずさわっていきたいと思っています。究極にマイペースな私達ですが、どうぞこれからも進藤竜馬 坂本友美 ゾラ タビーをよろしくお願いいたします。

            今も変わらぬ5年前の私の考えでした。
[PR]
by mooochan | 2007-10-05 12:05 | 日記

ただいま

f0067689_1221158.jpg

[PR]
by mooochan | 2007-10-05 12:02 |

サーフィン&飲み仲間

f0067689_11562459.jpg



f0067689_11571030.jpg

[PR]
by mooochan | 2007-10-05 11:59 | 日記