<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

失礼しました

私が、そもそも、10周年パーティーは必ずやりたいい〜!
と、言い張っていたのに、この放置状態は、いけないですね・・・。
動き出していただいてる方たち、手伝わせてほしいと、言ってくれた方たち。
行きたい!行きたい!と、言ってくれた方たち、12年ですか〜と、自分にかぶせながら、私たちのこの試みを、感慨深く思ってくれた方たちに、まず、感謝します。

自分たちの営業スタイルは、いつも、進んでは立ち止り、進んでは立ち止りと、ゆっくりゆっくり、時が流れて行ったように感じます。そんな、進み方に、しょうがないな〜という気持ちで、みなさん
に合せていただいた12年間だったような、ではなく、確実に、たくさん合せていただいて、自分たちらしく、最初と変わらないスタイルで、気持ちで、やってこれた気がします。

今までの、立ち止りには、その都度、その都度、美容室としては、ありえないような手紙を出させてもらったり、ありえないような、行動をさせてもらったり、近いところでは、産休、産休明けと、また、立ち止りにつき合わせて、そのままの状態に、しっぱなしでした。

保育園には入れたとはいえ、バタバタと病欠などがかさなり、中々完全復帰とはいかず、ご連絡さえも中途半端に出来ずにいました事、とても、反省しています。
そんな中での、12年でした。

こんなわがままな、12年。どうしても、お礼と、おわび、これからの出発という意味で、これをしたい一心でした。
遅くなりましたが、自慢の友達たちの協力で、事が一気に進み、自慢のお客様たちを、向かい入れる事が出来そうです。

私の視点からも、ご紹介させてください。

イラストレーター  小岐須 雅之  
自分の好きな人、好きなものには、素直に、好きな人、好きなものを、損得なしで紹介できる、したい人なんだと思う。そこには、かかわるすべての人、すべてのものに目が届いていて、それを、重くならないように人を気遣うさまが、凄い。優しいんだ。
25歳からの友達で、現にうちにも、何人紹介してくれたんだか・・・・・。数え切れないほど。
両親も来てくれた。ゾラとタビーの事で、随分相談に乗ってもらった。
まさか、徹夜で、モー娘を書いてくれるなんて。少し、びっくりして、感動した。ありがとう。

洋服デザイナー   gorouta
単純に、洋服のセンス、生地へのこだわり、自分のスタイルへのポリシーがきちんとしている人。
自分があるというか、自分に厳しいからこそ、普段、やはり人に優しい
自分の事で、めいいっぱいでも、人の約束断らないで、体壊しちゃうみたいな、男気ムンムン。
九州男児。筋。ピ〜ン!と張ってて、超気持い。
goroutaのTシャツの形が、好きで、自分たちの結婚式の引き出物も、作ってもらった
今回、かなり忙しい中での、無謀なお願い。申し訳ない。ありがとう。

ケータリング    赤木商店+あみちゃん
とにかく、おいしい。頭が柔らかい人ならではの、料理を提案、仕事の展開が出来る人だと思う。
来るもの拒まずな人柄だからこそ、いつも、平常心で、器が広い。バタバタしている私は、何かあると、いつも、頭に+あみちゃんの2人が浮かぶ。でも、マゾで頑固な私は、甘えたらいけないと、セーブがかかる。これまたこれまた、優しさがありすぎて、常に、まわりに、2人を必要とする、たくさんの人たちが集まっている。ありがとう。

ポエトリーリーディング 生澤 由一
文水佐藤さんと、由くんが、ニューヨークで知り合って、そこからの紹介が始まりだったのかな?
その後、自分たちの友達とかかわっていって、世界のトランスイベントなど、いろんな所に旅していた話が、とても懐かしく感じる。
私は、自分の中でのやらなくてはいけない事があったりで、うまく、息抜きが出来ずに過ごしている時間が長く、そんな中、友達の参加するイベントに、かかわる余裕が無かったため、中々、たくさんお話出来ていない事が、多い。そんな中でも、やはり、ゾラタビーとのかかわり合い、常に、目を見て、ともみさんと、声をかけてくれて、とても、輪を大切にしてくれて、私的には、十分なほど、うちに愛情を持ってくれている事を、感じる。ポエトリーリーディング。楽しみ。ありがとう。

Candle JUNE じゅんくん
あえて。じゅんくん。
活動に関しては、紹介しなくても十分なほど、今の活躍っぷリは凄い!でも、どうしても、キャンドル ジュンと呼ぶのが、恥ずかしいので、失礼します。
ん〜。ついつい、飲んだくれて、じゅんくんに絡むのが、ネタな位になってるな。
あげると、本当に、いろんな協力をしてもらいまくっている。
最後に努めたサロンのデコレーション。山田ビルで、少しづつ始めた時、どんだけじゅんくんの、人脈に助けられたか・・・。
そして、一軒家サロンの内装を、文水佐藤さんと一緒に作ってもらった。タビーが、じゅんくんを見ると、異常に興奮したのも懐かしい。そして、じゅんくんを待っていたかのように、あの世に旅立った。酒を、やめてたじゅんくんが、その時、ワインを飲んで乾杯してくれたのも、懐かしい。
そして、自分たちの結婚式の総合的な演出。ここまでの、エピソードがありながら、ファンの方には、怒られちゃうかもですが、私は、たくさんじゅんくんにつっかかって・・・。でも、愛をぶつけて、愛を介してと、進藤君も含め、心の声を言える付き合いを崩さずにこれた気がする。
しばらく、間が空いた今、また、す〜っと、当たり前のように、デコレーションを了解していただいた事に、感謝。ありがとう。

バンド        MURPHY 
2人の人柄の組み合わせが、絶妙な気がする。ライブは、そこも魅力の一つといっていいようなきがする。音楽を知らない私ですら、優しくすんなりはいれる。とかいって、わかったような言い方してすみません。
ボーカルのつよしさんは、サロンを始めたころ位に知り合い、熱い大阪のあんちゃんてイメージ。
なかなか、ライブに行けなかったり、休みが合わず、当たり前のようにいつも会うという事が出来ずにいるけど、何かあった時には、私たちみたいな、ずれた感覚の持ち主たちの目線に合せて、話してくれる。
新宿ゴールデン街 Barエイシス のオーナーでもあります。
ジャンべ、だいちゃんさんは、きちんと話した事ないけど、とにかく、やさしい〜オ〜ラ。
ライブ、お楽しみに!ありがとう。

DJ         宙ぶらりんDEGI,CUS.
私の血のつながった、いとこと、友達のユニット。
いとこバカですが、本当に、優しくおおらかで、友達が多いコ。いとこ的には、喜怒哀楽が、会ったり、電話したりの顔や声でわかりますが、基本、友達思い、親思い、妹思いの、熱い人。人思いで、きっと疲れてしまう時もあると思うけど、あかつかふじお的な、これでいいのだで、人が集まっていて、その濃さが凄いように感じる。
きっと、それが、音や、空気の読み方に繋がって、当日、全体の流れを見てもらう形になります。よろしく。ありがとう。

DJ         KAZU
うちにとって、この12年間のうちで欠かせない、海オーラ。数々の、海&サーフィンは面白い!的な話を、散々されてしまったお客様達には、こちらに参加していただかないと、信憑性なくなるくらいで、必要な存在!私の、海トークで、このお店に行ってもらった方もいて、このお店からは、数々のサーファーさん達が、来ていただいて・・・。
勝手にですが、うちのお店に近いにおいがして、そんなんで、ここちよく、サーフィンが楽しめて、ゆくゆくの夢も、つなげられたらな〜と、思い続けられてる影響力大な、人たち。
そこの、店長が、KAZUさん。
お店を早く上がって来ていただいちゃいます。楽しみ。ありがとう。

ライブペインティング  EDTUWAKI
こちらも、活動に関しては、説明がいらないほどの方。自分が説明するなんて、出来ないので、ホームページを、隈なくご覧ください。
一軒家MOをオープンする1年前。山田ビルという、築40年は経っているマンションで、髪を少しづつ、切っていた。これから、どーしよっかね〜と、正月実家に帰っていたところ、じゅんくんから電話。知り合いが、髪を切りたいって言ってるんだけど・・・。
1998年1月2日。エドさんの髪を初めて切らせてもらってから、今にいたる。
数々の、お仕事でのお誘いや、ご飯、旅、イベント、ライブ、などなど、本当に声をかけていただいたにもかかわらず、正直にお断りしちゃったり、張ったりも効かせず、理由を述べて、無理ですとか言っちゃったりとか、かなりの、影響力を与えてもらってるのにもかかわらず、何も、返すことを出来ずにきていながら、今も、かわらずに接してくれている。
進藤が、エドさんとバンドを組んでいたのも、ただただ、懐かしく、はたから見ていた、私からすると、エドさんと進藤君の関係は、凄く、気持ちがよかった。
本当に、失礼な話かもしれないけど、うちらにとって、エドさんは、近所のいい兄貴。という印象。存在。心地よく、おつき合いさせてもらっている。
今回、たまたま、最後に話をすることになったのだが、超ダメ元でのはずが、そうゆう事は、言ってよ!だって・・・。え〜っ!!!!!だった。
EDTUWAKIさんだけど、この日の、エドさんのライブペインティングは、兄貴な感じなのかな?かなり、予想つかないで、楽しみ!ありがとう。

Northern Graphics 大野 崇
代々木上原で知り合った、モーテルのネッティーとの繋がり。お仕事っぷりは、やはり、クリックしてごらんあれ!グラフィックのプロ集団。今まで、お仕事でかかわる事なかったし、今回も、まさかの展開で、快く、DMを作ってくれるとの、即答をいただき、これまた、びっくり!
北海道チームは、友達を大事にして、集まると、わいわい学生の頃に戻ったような、遊びがあって、その中にも、なんだか、知恵を使う遊び方がいつも混ざっていて、頭の悪い私は、ぽか〜んと、してしまうけど、とにかく、遊びと仕事のバランスが上手いな〜と、見ていた。皆を、輪にして。
今回、打ち合わせに行かせてもらった時も、となりでは、ちゃんとした打ち合わせをやっていて、怪獣遊汰を連れていってしまったから、悪いな〜と思ったし、崇君も仕事の合間だったにもかかわらず、ぴりぴりとした空気など、一つもなく、遊汰の事も、一瞬で、知恵ある遊びに引き込んでくれた。ありがとう。
小岐須さんの絵と、崇君のレイアウトで、今回のDMを作ってもらう。こちらも、お楽しみに!

映像作家         伴 憲一
私は、あまりお会いした事が無いのに、快く引き受けて下さり、さらに、楽しんでくれてるとの、お話.....。
今までの、写真と、今撮らせて頂いたり、送って頂いている、お客さまの膨大な数の写真を、仕事の合間に、編集してくれている。私のような、昭和で、演歌な世界観を、伝えるのは、心苦しいのだけど、ここにきて、変えられる程の機転のきいた、器用さを、全く持ち合わせていない為、多分、相当、苦労をかけてしまうはず....。すみません。本当に、心優しい。ありがとう。

そして、原宿の最高の場所と空間。(VACANT)
いろいろと、御相談に載って頂いた、ゆうすけくん。ありがとう。
体育館のような、倉庫のような、広々とした空間です。楽しみにしていて下さい。


来て頂いた、みなさんと、この空間で、お話出来る事を、楽しみにしております。
[PR]
by mooochan | 2010-02-17 03:01 | 日記